2017.10.02 SWJG・・・Pt2
青物のシーズンに入っているんですけど、未だに今シーズンの一本を上げていません
情報網は機能してはいると思うんですけど・・・。

マリーナ情報や昨日お邪魔した「なかやま」マスター情報や、ネットの情報など。実際、もう「ブリ」の10Kgなどが上がっている模様なんで、今回は思い切って牛深沖まで遠征です。

目的は・・・やはり「ブリ」ですが・・・果たして。
次の目的は・・・まぁいつものことなんですけど「リサーチ」です。
三つ目の目的は・・・ブルーフィンのキャパを図ることです。
満タンで100Lの燃料が牛深近海遠征でどれだけ消費するかを知ることは今後の釣行にとって大きなアドバンテージを得ることになります。

そんな事で昨日の体調不良も何とか回復し、睡眠時間7時間半で朝4:30の起床です。
この頃、日の出もずいぶん遅くなり6:00に出航するとマリーナのスタッフに言ってたのでそんなに急ぎません。

マリーナに6:00頃着くと・・・
大きな昇降機が稼働しています

「えっ!マリーナあいてるじゃん」

ブルーフィンは「前日係留」でもうスタンばってます。
スタッフに挨拶をすると・・・
「昨日遅くから連絡が何艇か入ったんで係留ができなかったんですよ」 という事です。
「今日はだから多いんですね」
実際に女性や小学生の子供も目につきます。
「いい事だぜ。うだつの上がらねぇー男とデートすることや、家でゲームにふけることに没頭するよかぁ健全だぜぇ」
そんな様子を横目にいざ出航です。
PA010020_convert_20171002122727.jpg




行先は牛深沖です。本日の潮は若潮の、満潮AM5:09、干潮AM11:34、満潮PM18:17で、潮にのって下り潮にのって帰って来れます。
PA010026_convert_20171002122755.jpg

今日のタックルです。

PA010063_convert_20171002122854.jpgPA010076_convert_20171002123027.jpg


シマノグラップラー604.  ステラ6000PG.  ラインPE3.  リーダーフロロ60PD
ダイワソルティガ632.   ステラ6000HG.  ラインPE3.  リーダーフロロ40-60PD
シマノグラップラー632.  ステラ4000XG.  ラインPE2.  リーダーフロロ40-50PD
シマノグラップラー631.  ステラ4000XG.  ラインPE1.5. リーダーフロロ40PD

事前情報では時折モンスターがかかってラインをぶち切っていくらしいので、ハードタックルも準備します。 
今回はいつもの「鯛ラバ」仕掛けは持参しません。
何故かというと・・・JGでチェイスがない時なんか鯛ラバに頼るからです。
ですから今回は牛深遠征なんですが、「ボーズ」も覚悟のうえです。
「まぁ・・・真鯛はもう喰いたくないし・・・何気にさばくのがかったるいし」
そんなわけなんです。

だからブルーフィンに乗って、未知の牛深沖へ行き、釣り糸を垂れ、景色を眺めるだけでも本当はいいんです。
そんな想いを温めながら40分後には最初のポイントの大多尾沖です。やはり船が出ています。
過去の経験からライトタックルでしゃくります。
が・・・
「シーン」

でもとにかくしゃくり続けることがJGでは大切なんです。体力勝負なんです。

すると・・・10回ぐらいのジャークで・・・「ゴツゴツ」
「ヒーット」

一気にロッドが海中に突き刺さります。
「ライトだからねぇー」
しかし動きません。
「ん!?魚?」時折竿を立てて魚信を探ると「びくびく」と反応します。

「来てるじゃねーか。くそでけぇー!」

そんなやり取りの最中・・・漁船が近寄ってくるではないですか

「やばいよぉ、やばいよ、くそアブねぇー」

ラインがそっち方向に走ります。
と・・・なんか変?
ロッドから生命反応が消えました
漁師のお兄さんが何やらやってます。
その距離約50m。
何かぽいっと海に放り込みます。
手を上げるからこっちも手を上げます

なんとその船は「THE.巻き網船」でした。
プリンのジグは魚ではなく網を上げていたわけです。

「そりゃ重いわなぁ」

いい事に1000円以上するメタルジグは根元から切れてはいたものの、漁師のお兄さんが結んで海に落としてくれました。

「漁師さんは仕事なんだぜぇ。優しーよなぁー」

その船の大漁を祈願し、その場を離れ、RUN&GANを繰り返します。





少し下ったポイントでベイト発見

「シャクリ・シャクリ・シャクリ-」

ハイピッチショートジャーク炸裂ーツ
するとボトムから15回ぐらいのジャークの折り・・・ジグの重さがフッと消えたかと思うと「コンコン」とチェイスしてきます。次の瞬間「グゥー」とロッドに乗りました。
ステラ4000XGからPE1.5のラインが音を出して出ていきます。

「くそ面白れぇー」

「今度も網じゃァねぇーだろぉーなぁー」

周りを見渡し船がいないことを確認します。

「よっしゃー!今度は魚に間違いねぇー」

ライトタックルだからドラグ調整をシビアにしてはあるんですけど、慎重にやり取りします。
約10分の格闘の末上がってきたのは・・・「ブリ?」計ってませんが80㎝位はあるでしょうか。
PA010066_convert_20171002122916.jpg

とにかく重い。その後チェイスはして来るんですけど乗りません。一度掛けたんですけど・・・フック外れ

まぁ今シーズン待望の1本を捕ったから気分には余裕がでます。
長居は無用。
牛深沖を目指してRUN&GANを繰り返します。
産島、そして初めての領域である赤島、戸島へ船を向けRUN&GANを繰り返します。
PA010085_convert_20171002123122.jpg
それにしても船が多いですねぇー。
対岸はもう鹿児島県です。魚影の濃さが分かります。


PA010083_convert_20171002123052.jpg
戸島のモンスターポイントでは、モンスターに備えてミデアムタックルのソルティガでしゃくります。
が・・・
「シーン」

もう潮止まりの11:00です。風が出て「釣りにきぃー」
しかし、もう鹿児島県と南シナ海の入り口です。じたばたしても始まりません。
遠くに甑島がうっすらと見えてます。
PA010099_convert_20171002123212.jpg

反対側には牛深の街がまじかに見えます。ハイヤ大橋もよく見wます。
PA010090_convert_20171003053827.jpg


しかし、ポイントを絞ることができずにRUN&GANを繰り返すだけです。
と目の前で・・・
「ブリボイル」
自分のジグを回収中・・・
海面で
「ブリジャンプ!」

「すげぇー、1mはあったよなぁ」

そんな様子に励まされながらRUN&GANを繰り返します。
するとボトムから5回のジャークで「グゥー」と今度は一気に乗ります。

「いやぁーくそ面白れー」

PA010095_convert_20171002123151.jpg
さっきと同じサイズのブリをタモに納めます。その後1本追加。


まだ釣れたとは思いますが、何気にクーラーに入り切りません
今日は目的の3つを達成して13:00に納竿です。
それにしても噂どおり牛深沖はヤバイですね。若潮でこんなんだから、もっと潮が立てばどうなるんでしょうか。
次回のモンスターとの出会いを楽しみにします。
運が良ければ10kのブリも夢ではないでしょうね。
ちなみにガソリンはずい分余裕がありました。

PA010102_convert_20171002123238.jpg
ブリは家で計測したら75㎝67㎝65㎝でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://38kp0512.blog11.fc2.com/tb.php/455-d7872e7e