以前日本のビジネスのブラックさを書いたことがあったけど・・・。
また、ブラックな部分を強く感じることがありました。

12、13と夜間勤務を伴う仕事があり、数人のスタッフであたってました。
プリンはというと、持病を抱えての勤務で、泊は辞退し、夜間の勤務までで帰宅の手段を取りました。
ちゃんと上にも「健康上の理由」は伝えてたんですけど・・・昨年からね。
いつ、動悸が始まり、下手したら梗塞が発症し救急搬送されるか分からないからです。

で、昨日、無事に勤務終了。
と・・・・いったところまではいいんですが・・・
他の泊を伴ったメンバーは、「時間調整」という勤務時間を調整する措置が取られ、昨日は1時間35分早く勤務終了です。

しかぁーし・・・
プリンは一昨夜21:00まで勤務したにもかかわらず・・・
それから高速を使い10:00前に帰宅したにもかかわらず・・・
「時間調整」無しの通常勤務でした

「なんで??」

で・・・・
昨日は持病のための疲れもあり、1時間自腹を切る「有休」をとって帰ったわけです。

今日は・・・・
泊を伴ったメンバーはまたまた「時間調整」で1時間35分遅れての勤務開始なんですけど・・・
プリンに至っては、「通常勤務」です



8:15~16:45までの勤務時間を約4時間15分オーバーしているにもかかわらず・・・
プリンだけ「時間措置」がありません
おまけに「持病」を持ってるというのに。

「管理職は部下の健康状態なんてなぁーんにも考慮してねぇーんだろ!!」

と久しぶりのシャウトです。

でもプリンはきちんと職場に行きますよ。
嫌味をたれながらね。

「なんだよ、お前ら、俺の事が嫌いなんだろ」

どーでもいいけど・・・怒り心頭です

「働いた分はきちんと休みをやれよ!」

「これって、労働基準法違反だろ!」

マッタク・・・

「ブラックなサラリーマン生活だぜ」

こんなんだから経験が豊富なプリンみたいな爺は、やる気が出ないわけなんです。
外見は若く見られるんですけど・・・
「32年のキャリアがあるんだぜ!」

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://38kp0512.blog11.fc2.com/tb.php/419-3aa520d4