季節は春から梅雨へ向かう間の一休みといったところでしょうか。
寒さも峠を越え、日中は暖かいというより、暑さを覚えることも多くなり、生ビールがそろそろ主役の座に居座る時期になりました。
今日はプレミアムフライデー
サラリーマンたちはこぞって夜の街へ繰り出すことでしょう。
水商売の方たちからすれば、かき入れ時の金曜日の夜です。
プリンもそんなプレミアムフライデーの華やかに着飾った夜の街にあやかります。

街は、やはりいつもより交通量や人の多さが目立ちます。
P4280004_convert_20170510124213.jpg

それもスーツにネクタイ姿の方々が多く目につき、街が活気ずく様子を見るのは嬉しいものです。
皆さん美味しいお酒で日頃の憂さを晴らしてもらいたいものです。




プリンは・・・
場所はいつもの「居酒屋てっちゃんち」です。
P4280011_convert_20170510124337.jpg

暖簾をくぐるといつものようにてっちゃんが一人カウンターで新聞を読んでます。
まだ誰もお客さんはいないようです。
時間は19:30
まぁーいつもの事だからね。

てっちゃんちは、遅い時間帯に人が集まるんですね。
それにしても、いつものママの姿が見受けられませんね。
いつもの一番隅のカウンターに座り
「今日はママはいないんですか?」
と尋ねると
「ちょっと出ている」
ということです。
あんまり詮索はしません。

そんなたわいもない会話をしながら
「生いいですか?」
と最初は生ビールです。
お通しには今が旬の「タケノコ」がだされます。
P4280012_convert_20170510124355.jpg

「タケノコなんて珍しいですね」
「うん。千秋がもってきたったい」
という事で、しばし千秋さんの話題で話に花がさきます。
その間に「刺し盛り」です。
P4280013_convert_20170510124435.jpg

今日は何故か「肉料理」が食べたくて、てっちゃんに
「ステーキいいですか?」
とオーダーを入れながら、魚屋の社長の話題になりました。
P4280014_convert_20170510124454.jpg

「この頃社長は来ますか?」
「うーん、こないなぁ」
「忙しいんじゃないですか?」


話題は包丁の話に切り替わり
「社長の包丁ば磨ぎに行ったんですか?」
「なん、あれからとーとう行っとらんとたい」
そんな会話の最中に、携帯が
「プルルルー」
出ると、話題の「社長」からです。


「プリンさん呑んでるの?」
「もう、てっちゃんちで呑んでるよぉー」
「あー、そうですか。今から出てきてもいいですか?」
「よかよ。来るたい」
ということで・・・
すでに「カウント7」のBlogのフリークとなっている社長は、プリンの行動を先読みして携帯をかけてきたという訳です。
「でも嬉しいねぇー」
今時、気の利かねぇーヤローばっかり群れている世の中にあっては、てっちゃんといい社長といい、今は「死語」になりつつある「義理」や「人情」に熱い人間なんです。
友達がいないプリンにとっては、かけがえのない「付き合える人間」なんです。




待つこと10分。
ドアがガラガラと音を立てると同時に
「こんばんわぁー」
と社長のご来店です。
後ろにはあと一人。
「スンまっせん、あと一人いいですか?」
「なん、良かも悪かもあるもんね」
という事で、3人がカウンターに腰かけて話に花がさきます。

あと一人の若者は・・・・
実はプリンが昔、仕事で取引をしていた時のしりあいでした。
翔平くんです。
今は仕事を変えて・・・
何でも「僧侶」になるための研修中なんだそうです。
「すげぇーなぁー。人は見かけによらないもんだなぁ」
「俺が死んだらお経をあげてよ」
そんな会話に花がさきます。

久しぶりの再会を祝して、てっちゃんに「特性ハンバーグ」をオーダーします。
P4280016_convert_20170510124512.jpg

実は、隠れた絶品なんです
先日はデジカメがポシャッタため、画像にはアップできませんでした。今回はOKです。

それと「トビの刺身」です。
P4280017_convert_20170510124532.jpg

もうその頃になれば、いつの間にかママが登場してました。
で・・・
いつもの「日本酒」をグラス片手に楽しいお酒を呑んでらっしゃいました。

プリンは生ビールオンリーです。
「この前はあれにやられたからなぁー」
社長も
「日本酒はダメ。呑んだら動悸がひどいんです」
「なーんだ、プリンだけじゃなかったのか」
少しほっとしながらみんなでワイワイと久しぶりに楽しいひと時を過ごしました。



もうその頃には他のお客さんも来店されてます。
時間は10:30過ぎ。
「今日は潮時かな?」
という事で。
「また出てきます」
てっちゃんちを後にし、3人で足はネオンの街へ向かったわけです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://38kp0512.blog11.fc2.com/tb.php/403-75751974