2016.09.12 最近思う事
人生半世紀も生きていると、知らないうちに人格が固定されてしまう。自分という生き物の感性が鈍くなっていく。
それを防ぐ手段は色々あるだろうけど・・・プリンは自然との遊びの中や、自然の道理の中に今ある自分を映す。
そして今ある自分を取り巻くすべての事象に感謝するようにしている。

しかし、まだまだ自分の精進が足らないと思う。
それと、現代科学で解明されていない見えない力を信用している。そこには、自然界の力や霊力や神力などがあると感じる。

過去に自分が窮地に立たされたとき、自分の力以外の何かの力でピンチを脱したことが何回かある。その前後に決まって人の人生が変化していた。「ああ、一緒に持っていってくれたんだな」と感謝に尽きる。「ありがとう」と。

だからか、神仏に頼るつもりはないけど、毎朝神様への「水」供えやお参り。先祖への「朝米」と「一番茶」(この頃は、水ですけど)を供える。「見守ってください」と。

海の神や水の神、土の神や木の神等、この世の中は、見えないけど神によって人間は生かされてるんだと。そして守護霊によって守られているんだと。

重い病を二度も経験し、生かされている事。運が悪ければ死んでいたこと。見えない力を信用する以外にない。そして感謝。

あとどれぐらいこの世にとどまれるかは分からないが、感謝の気持ちを無くすことなく、自分らしく思うように生きていきたいものだ。
スポンサーサイト