2016.01.31 去りゆく一月
寒い日が続いていますね。 寒さが苦手なプリンにとって早く 「春よこい」 と念じる日々が続いています。
こう寒くて天気も悪ければ海に出ることもままならず、休みはストーブをつけてコタツに入ってゴロゴロするしかありません。何とか行動を精神をコントロールするしかなんですが。

先週は長男が帰省しており、おまけに帰省した次の「土」「日」が今シーズン最高の寒波に見舞われました。
P1240068_convert_20160131093920.jpg

本人の計画の中には「鰤釣り」もインプットされていたようですが・・・なんせこの荒天じゃね。
しかしあきらめの悪いやつで 「船がだめなら陸からでもよかから」 という事で・・・寒風・突風・霙の吹く中、Y○釣り具でエサを購入し三角方面へ・・・。



本当はストーブ・コタツ・昼ビールがよかったんですが。
どこに行っても強風です。 おまけに「有明海」は「白波4m」位でています。 

「今日船で出とったら、間違いなく遭難しとったぞ」 と諦めはついたようでした。
P1230058_convert_20160131093702.jpg

さすがに強風と寒さに勝てず納竿です。 「こんなしつこさを少しは競技の方に出したら良いのに」 と思いながら長男の次の目当ての昼食です。

三角~岩屋港に入った所にある「ちゃんぽん入船」です。
P1230065_convert_20160131093836.jpg

長男曰く、「海鮮ちゃんぽん」がマジうまだという事です。
13:00前とあり、まあまあお客さんがいらっしゃいます。

カウンターに通されプリンは「ちゃんぽん」780円。
P1230061_convert_20160131093723.jpg

長男は「天草海鮮ちゃんぽん」1080円を頼みます。
P1230063_convert_20160131093745.jpg

寒さがこたえた後のちゃんぽんは最高に旨かったですね。多分寒さは関係なく旨いと思います。

「鰤釣りは残念だったな、ばってん海に出とったにしろ釣れんだったろ」

と帰路に着きました。





この頃時間を持て余しているためか・・・いろんな想いが湧き出てきます。
前回の続きなんですが人間の 「魅力」 はどんなプロセスを経て身に着くんだろうと・・・考えてみました。


そんな人間になりたいと思う事は簡単ですが。 実際どんなことが「魅力」なんだろと・・・漠然としています。

「考え方」「しぐさ」「性格」「人間性」「感覚」「インスピレーション」など、客観的でない部分が相当あると思います。
どこをどんなふうに改善していけばいいのかよくわからない部分だと思います。

例えば昔から知り合っているのに「魅力」を感じないとか・・・今日初めて会ったのにその人に「魅了」されるとか・・・。
また、感じ方は人それぞれであり、ある人は「魅力」を感じているけどある人は感じていないとかもありますね。
「魅力」が誰に対しても100%の人間はあり得ないと思いますが、その%を高くしていきたいとは思いますね。同性・異性いずれにしても。



ずいぶん前に紹介したと思いますが、「高倉健」という日本を代表する俳優がいました。プリンよりか30位年が離れているんですけど、同性・異性を問わず多くの方から好かれていましたね。多分「魅力」があるんだと思います。

俳優という仕事は良くは知りませんが、 「高倉健は仕事と私生活のギャップが無い」 といつか聞いたことがあります。言い換えれば映画の中の姿がそのまんま普段の生活にリンクしていると・・・。
東映映画では「任侠役」が多かったんですけど、高倉健が生前残した 「あなたに褒められたくて」 という自伝書を読むにつけ、いかに飾らなかった人なのかが分かります。要するに「地」で俳優業もこなしていたんですね。「すげぇー」

映画を見る限り、無口で一図で自分を前に出さない。出しゃばらない。人の幸せのためなら自分が不幸を背負ってやる。褒められたり感謝されたりすることが苦手で、大切な人のためになら自分を犠牲にできる。そして「喜怒哀楽」はあるんだけど決して人前では出さない・・・。プリン的には日本の「男性像」のお手本みたいな方だと思います。
今の平成時代にこんな「男」はもう見当たらないんじゃないかなと思いますが・・・しかし・・・そんな部分を「魅力」とは感じない人も多くいることは事実です。




では、最終的に自分が「魅力」ある人間であるために・・・。
いろんな価値観や考え方があり、「魅力」と感じるカテゴリーは色々あると思います。ただし決してコピーできないんですね。見習うことはできても。

常々の意識の持ち方は必要だと思います。ただし意識しているから人から好かれたり、自分が人を引き付けられるような「魅力」を持ち得たりすることができるかと言えば・・・プリンはNOサインです。

何故か?それは・・・「魅力」を感じたり「好き」になるのは相手の感じ方で決まるからです。
どんなに自分を磨いたつもりでもコピーやまやかしは人には分かるものです。そんな人は「いざ」という時に動けなくなるものです
。「自分を偽っているから」



人が人に「魅かれる」ということは、その人にしかない「人間性」に魅かれるんだろうと思いますね。


常に自分を見つめ、普段の生活のプロセスのなかで、自分をつくらず偽らず、自分らしく生きていくことがベースにないとダメだと思いますね。その上にプラスの意識と、人付き合いの中から自分が「創造」されていくんだろうと思います。



まだまだの自分に今日一日何をしようか・・・明日は・・・と想いを馳せながら、人間業に磨きをかけている最中です。
スポンサーサイト