東京二日目は家族で「天狗」に行きまして、長男ともう一軒行きます。いつもの「たぬき」新橋店です。3ヶ月前の正月以来です。いつ来てもここのお店は活気があります。カウンターの一番奥に陣取り酒の肴をたのみます。

「牡蠣酢」大きめの岩牡蠣がふたつです。一口でもいけるんですが、もったいなくて酒の肴にしますとかなりもちました。2つで1000円ぐらいでした。
P3220074_convert_20140330100053.jpg
「みる貝?」貝類に目がなくいつも頼むんです。食感と甘みがさいこうです。800円ぐらいでしょうか。
P3220075_convert_20140330100134.jpg
さっきの貝のわたを、大将が薄口の味付けで煮てくれました。東京ならではの一品ですね。
P3220076_convert_20140330100150.jpg
「馬刺し」です。長男が食べたいということでオーダーしました。地元が熊本ですが、東京ではなかなか食べられないということです。霜降りで1120円だったと思います。
P3220077_convert_20140330100228.jpg
私は「鯨ベーコン」です。熊本にもあるんですが、東京が本場?かなと思っています。いつも頼む一品です。食べ応えがあり鯨の甘さと薄い塩味にお酒がすすみます。こちらも1120円だったと思います。
P3220078_convert_20140330100253.jpg
最後は定番の「焼き鳥」です。皮とねぎまをタレでいただきます。東京のタレは、熊本に比べて甘みが強いと思います。しかしそこが焼き鳥には抜群の相性の良さになっていると感じます。必ず頼む一品ですね。
P3220079_convert_20140330100331.jpg
大人の東京の楽しみ方の一つに居酒屋めぐりがあると思います。家族でも来れるんでしょうけどやはり居酒屋はカウンターかなと思いますね。今回はあきらめていたんですが、短い時間ですが「たぬき」にいけて良かったです。また東京に来たときも来店したいものです。
スポンサーサイト