2017.10.09 SWJG・・・Pt3
本日は大潮。幻の「10k鰤」を求めて獅子島から牛深沖へ遠征です。
日の出が綺麗ですね。
PA080110_convert_20171009195748.jpg

島々をぬうことなく一直線に南下します。こちらでは明けの明星の満月が大潮を確認させてくれます。
PA080125_convert_20171009195906.jpg

大物ポイントの(ノサバ沖)→(獅子島北側)→(獅子島南側)とRUN&GUNでリサーチを繰り返しながら最初のビッグポイントです。
PA080132_convert_20171009195940.jpg
PA080120_convert_20171009195819.jpg

初めてのポイントなので漁船の様子を見ます。
予想通りシャクッテますねぇー。嬉しくなります。
いるという証拠みたいなものです。
次にGPSと魚探とにらめっこし、瀬またはベイトを探します。
PA080136_convert_20171009200003.jpg

で・・・
「シャクリ・シャクリ・シャクリー」
しかし・・・沈黙
どの船もロッドはピィーン。

「雰囲気はあるのになぁー?おっかしぃなぁー?」

大潮なんで川みたいにくそ流れます。
ジギングタックルは先週のやつで4つをかわるがわる試しますが・・・
「シーン」

そんな時ベイトの群れ発見!で・・・ボトムをとりシャクリ一発目・・・
「グゥーン」
当たりです。
即合わせを3かい入れます・・・が・・・フックアップには持ち込めませんでした
なんと、ドラッグ調整ミスです。ゆるゆる状態です。

「あぁーあ、今のはでかかったよなぁー」

その後獅子島の瓢箪島でしゃくりますが・・・しーん
目の前でブリボイルですが・・・シーン

「今日はダメみたい!」

焦りが出始めます。




その後(産島)→(赤嶋)→(戸島)と先週の実績のポイントを試しますが・・・しーん
途中で大型客船とすれ違います。 
PA080152_convert_20171009200110.jpg

「オベーション・オブ・ザ・シー」と書いてあります。
PA080154_convert_20171009200130.jpg

「くそっでけぇー!」

豪華客船にあやかりたいものです。

産島のモンスターポイントでボートのお兄さんがスロージギングをしている様子を見ていると・・・「ヒィーット」でかそー。
ロッドが海中に突き刺さり、ポンピングをしているようですが、魚が止まらない様子です
仲間がランディングネットを準備して待ち構えてますけど・・・魚を捕り込んだ様子は無く、あえなく闘い終了みたいです。
という事は・・・バラシかラインブレイクでしょうかねぇー。
やっぱりモンスターは健在でした。
しかし・・・
プリンのロッドが弧を描くことは無く、久しぶりのボーズではなくミニチュア太刀魚1で納竿です。

しかし、いい一日でした。学びもありました
要するに、SWJGでは焦りは禁物という事ですね。
餌釣りとは違い、ジグを小魚に見立てなければ魚は見向きもしません。
人間の心の焦りが微妙にジグに伝わるんでしょうねぇー。
今日のJGは、いつもと違い少々焦りがありました。
「何でアタリが無いの?」と。
そんな事を思うこと自体がダメなんでしょうねぇー。
マリーナにある車の中には大物用のクーラーも入れてあるし・・・。
そんな気負いや準備万端なところが釣果に結びつかないんでしょうね。
いつもみたいにボーズありきで自然を楽しむゆとりが必要ですね。いい勉強をしました。
PA080155_convert_20171009200149.jpgPA080156_convert_20171009200206.jpg

そんなことで、今日は獲物のちっこい太刀魚が晩御飯となりました。
スポンサーサイト
2017.10.02 SWJG・・・Pt2
青物のシーズンに入っているんですけど、未だに今シーズンの一本を上げていません
情報網は機能してはいると思うんですけど・・・。

マリーナ情報や昨日お邪魔した「なかやま」マスター情報や、ネットの情報など。実際、もう「ブリ」の10Kgなどが上がっている模様なんで、今回は思い切って牛深沖まで遠征です。

目的は・・・やはり「ブリ」ですが・・・果たして。
次の目的は・・・まぁいつものことなんですけど「リサーチ」です。
三つ目の目的は・・・ブルーフィンのキャパを図ることです。
満タンで100Lの燃料が牛深近海遠征でどれだけ消費するかを知ることは今後の釣行にとって大きなアドバンテージを得ることになります。

そんな事で昨日の体調不良も何とか回復し、睡眠時間7時間半で朝4:30の起床です。
この頃、日の出もずいぶん遅くなり6:00に出航するとマリーナのスタッフに言ってたのでそんなに急ぎません。

マリーナに6:00頃着くと・・・
大きな昇降機が稼働しています

「えっ!マリーナあいてるじゃん」

ブルーフィンは「前日係留」でもうスタンばってます。
スタッフに挨拶をすると・・・
「昨日遅くから連絡が何艇か入ったんで係留ができなかったんですよ」 という事です。
「今日はだから多いんですね」
実際に女性や小学生の子供も目につきます。
「いい事だぜ。うだつの上がらねぇー男とデートすることや、家でゲームにふけることに没頭するよかぁ健全だぜぇ」
そんな様子を横目にいざ出航です。
PA010020_convert_20171002122727.jpg




行先は牛深沖です。本日の潮は若潮の、満潮AM5:09、干潮AM11:34、満潮PM18:17で、潮にのって下り潮にのって帰って来れます。
PA010026_convert_20171002122755.jpg

今日のタックルです。

PA010063_convert_20171002122854.jpgPA010076_convert_20171002123027.jpg


シマノグラップラー604.  ステラ6000PG.  ラインPE3.  リーダーフロロ60PD
ダイワソルティガ632.   ステラ6000HG.  ラインPE3.  リーダーフロロ40-60PD
シマノグラップラー632.  ステラ4000XG.  ラインPE2.  リーダーフロロ40-50PD
シマノグラップラー631.  ステラ4000XG.  ラインPE1.5. リーダーフロロ40PD

事前情報では時折モンスターがかかってラインをぶち切っていくらしいので、ハードタックルも準備します。 
今回はいつもの「鯛ラバ」仕掛けは持参しません。
何故かというと・・・JGでチェイスがない時なんか鯛ラバに頼るからです。
ですから今回は牛深遠征なんですが、「ボーズ」も覚悟のうえです。
「まぁ・・・真鯛はもう喰いたくないし・・・何気にさばくのがかったるいし」
そんなわけなんです。

だからブルーフィンに乗って、未知の牛深沖へ行き、釣り糸を垂れ、景色を眺めるだけでも本当はいいんです。
そんな想いを温めながら40分後には最初のポイントの大多尾沖です。やはり船が出ています。
過去の経験からライトタックルでしゃくります。
が・・・
「シーン」

でもとにかくしゃくり続けることがJGでは大切なんです。体力勝負なんです。

すると・・・10回ぐらいのジャークで・・・「ゴツゴツ」
「ヒーット」

一気にロッドが海中に突き刺さります。
「ライトだからねぇー」
しかし動きません。
「ん!?魚?」時折竿を立てて魚信を探ると「びくびく」と反応します。

「来てるじゃねーか。くそでけぇー!」

そんなやり取りの最中・・・漁船が近寄ってくるではないですか

「やばいよぉ、やばいよ、くそアブねぇー」

ラインがそっち方向に走ります。
と・・・なんか変?
ロッドから生命反応が消えました
漁師のお兄さんが何やらやってます。
その距離約50m。
何かぽいっと海に放り込みます。
手を上げるからこっちも手を上げます

なんとその船は「THE.巻き網船」でした。
プリンのジグは魚ではなく網を上げていたわけです。

「そりゃ重いわなぁ」

いい事に1000円以上するメタルジグは根元から切れてはいたものの、漁師のお兄さんが結んで海に落としてくれました。

「漁師さんは仕事なんだぜぇ。優しーよなぁー」

その船の大漁を祈願し、その場を離れ、RUN&GANを繰り返します。





少し下ったポイントでベイト発見

「シャクリ・シャクリ・シャクリ-」

ハイピッチショートジャーク炸裂ーツ
するとボトムから15回ぐらいのジャークの折り・・・ジグの重さがフッと消えたかと思うと「コンコン」とチェイスしてきます。次の瞬間「グゥー」とロッドに乗りました。
ステラ4000XGからPE1.5のラインが音を出して出ていきます。

「くそ面白れぇー」

「今度も網じゃァねぇーだろぉーなぁー」

周りを見渡し船がいないことを確認します。

「よっしゃー!今度は魚に間違いねぇー」

ライトタックルだからドラグ調整をシビアにしてはあるんですけど、慎重にやり取りします。
約10分の格闘の末上がってきたのは・・・「ブリ?」計ってませんが80㎝位はあるでしょうか。
PA010066_convert_20171002122916.jpg

とにかく重い。その後チェイスはして来るんですけど乗りません。一度掛けたんですけど・・・フック外れ

まぁ今シーズン待望の1本を捕ったから気分には余裕がでます。
長居は無用。
牛深沖を目指してRUN&GANを繰り返します。
産島、そして初めての領域である赤島、戸島へ船を向けRUN&GANを繰り返します。
PA010085_convert_20171002123122.jpg
それにしても船が多いですねぇー。
対岸はもう鹿児島県です。魚影の濃さが分かります。


PA010083_convert_20171002123052.jpg
戸島のモンスターポイントでは、モンスターに備えてミデアムタックルのソルティガでしゃくります。
が・・・
「シーン」

もう潮止まりの11:00です。風が出て「釣りにきぃー」
しかし、もう鹿児島県と南シナ海の入り口です。じたばたしても始まりません。
遠くに甑島がうっすらと見えてます。
PA010099_convert_20171002123212.jpg

反対側には牛深の街がまじかに見えます。ハイヤ大橋もよく見wます。
PA010090_convert_20171003053827.jpg


しかし、ポイントを絞ることができずにRUN&GANを繰り返すだけです。
と目の前で・・・
「ブリボイル」
自分のジグを回収中・・・
海面で
「ブリジャンプ!」

「すげぇー、1mはあったよなぁ」

そんな様子に励まされながらRUN&GANを繰り返します。
するとボトムから5回のジャークで「グゥー」と今度は一気に乗ります。

「いやぁーくそ面白れー」

PA010095_convert_20171002123151.jpg
さっきと同じサイズのブリをタモに納めます。その後1本追加。


まだ釣れたとは思いますが、何気にクーラーに入り切りません
今日は目的の3つを達成して13:00に納竿です。
それにしても噂どおり牛深沖はヤバイですね。若潮でこんなんだから、もっと潮が立てばどうなるんでしょうか。
次回のモンスターとの出会いを楽しみにします。
運が良ければ10kのブリも夢ではないでしょうね。
ちなみにガソリンはずい分余裕がありました。

PA010102_convert_20171002123238.jpg
ブリは家で計測したら75㎝67㎝65㎝でした。
9月23日、お彼岸も過ぎ気候も随分落ち着いてきました。
昼と夜の長さが丁度均等になる時期です。
そしてだんだんと夜が長くなってきます。


待ち望んだ2017、SWJGの開幕です。

朝の3:30に起き、前日準備したタックルを車に積んで4:40に家を出ます。
その間いつもの「神棚」にお神酒を上げたり、「仏様」に朝一のお茶と白米を供えたり、モーニングコーヒーを飲んだりと慌ただしく動きます。
途中いつものトライアルで、氷やパン、水分を調達し、マリーナには5:12頃に着きます。
今日は港には誰もいません。
P9230005_convert_20170924153528.jpg

朝一番乗りです。

「ご機嫌だぜぇ」

前日の係留で、一番出やすい所にブルーフィンは停泊しています。
荷物を数回のピストンで搬入し、5:45にスタートしました。
行先は・・・
青物の実績がある、御所浦沖です。


天気は曇りのち晴れの予報ですが・・・曇り空で少し肌寒いですね。
P9230008_convert_20170924153553.jpg

もう沖には漁師さんの船が多数出ています。

「朝早いんだなぁー」

と感心しつつ近くの堤防を見ると・・・
たくさんの釣り人です。

「うへぇーまるで電線の雀状態じゃァねぇーか」

プリンは御免ですね。
人込みと順番待ちが大の苦手なんでね。

そんな状況を傍目にブルーフィンをぶっ飛ばしていきます。

「最高だぜぇ」



ここでプリンの戯言です。
プリンは何かに縛られて生きることが大っ嫌いだという事はこのBlogに入って来られた方々は簡単に想像できることと思います。じつは、人がみんなやっていることをやることも、大っ嫌いなんです。
例えば・・・携帯電話とかスマホとか・・・。
今から約30年前、プリンの友達の社長の息子と車で釣りに行って、その帰り路、急にお疲れさん会をやる段取りになったんですが、実家に連絡を入れるため・・・
「どこか公衆電話のある所で止めてよ」とそいつに言うと・・・
「これ使えよ」と、センターコンソールボックスからあるものを手渡されました。
それは・・・なんと、「自動車電話」だったんです。
セルラーホンと言ってましたっけ。「くそっかっちょええ」
そんなもの、その頃は誰ーも持ってませんでした。
誰も持ってない物を持つ事。
それがいいんです。
今時携帯やスマホやアイホンなんて、小学生からお年寄りまで誰でも持ってるじゃないですか。
だからそろそろ携帯電話なんて不保持になろうかと思ってます。
みんなが苦労して車で行く釣り場や旅行、渋滞や順番待ちなんかで気をつかうこと自体・・・「やらない方が良い」と思うたちなんです。
その代り、誰も持っていない「自家用船(ブルーフィン)」なんかを所持するステータス感がいいんです。
遠い所までわざわざ時間を費やしてきて、電線のすずめ状態で堤防に立つことなんて・・・まっぴらごめんです。
そんな方たちの脇を自由にブルーフィンをぶっ飛ばすこと自体がいいんです。
みんなが持っていて便利なものを所持することより、不便でも所持しない方を選びますね。
その逆もありますけどね。



場所は御所浦沖を転々としますが・・・
今年はベイトがいませんねー。
で、昨年実績のある、ブリポイントへ。
ジギングでしゃくりますが・・・

「しーん」

仕方ないのでプリンスペシャルを落とします。
と・・・
一発目から「チェイス」&「ヒーット」
P9230023_convert_20170924153624.jpg

37㎝のきれいな真鯛です。

その後数回目のリトリーブで・・・
「ゴツン」と「チェイス」してきて竿に乗ったのは、久しぶりの「ヒラメ」で45㎝と食べ頃サイズです。
P9230028_convert_20170924153652.jpgP9230030_convert_20170924153725.jpg


そのご、真鯛の最少記録更新です。
P9230037_convert_20170924153746.jpg

当然「リリース」です。
遊漁船は多く、皆さん目論見はみんな一緒で・・・「シャクリ・シャクリ・シャクリー」
P9230033_convert_20170924155718.jpg

しかし・・・
「シーン」

最後、真鯛のお土産ポイントへ行くも、予報外に風が出て・・・「釣りにきぃー」
でも数回の落とし込みで「グゥー」と竿に乗ります。
しかぁーし・・・

「ブチッ」

久しぶりのラインブレイクです。
それも道糸のPEラインからです。
「今のはでかかったよなぁー」
多分50~60㎝の真鯛だったでしょうねぇー。
そんなことで14:49に納竿です。

帰り道「獺祭50」を購入します。
お金が無いもんでね。

久しぶりのヒラメをさばき、「ヒラメ刺し」で久しぶりの晩酌は豪華でした。
P9230040_convert_20170924154115.jpgP9230045_convert_20170924154133.jpg



それにしても・・・青物リサーチは空振りに終わりました。
「10月からかなぁー?」
マリーナ情報では、今週は獅子島沖でヤズ、プリがすでに40本上がっているという事です。

「来月は獅子島だぜぇー」

9月も後半を過ぎてめっきり涼しくなってきました。
これからもっと涼しくなりそして寒くなります。

この時期を待ってました。
そうです。
SWJGの季節なんですね。
P9190043_convert_20170919062441.jpg

狙いは・・・
ヤズ、ハマチ、ブリ、カンパチ、サワラ、アジ、等の青物がメインとなります。
その他に、真鯛、太刀魚、あこう、ガラカブ、時折・・・ひらめ、でしょうか。

台風一過、一気に朝夕の涼しさ感が増してきました。
今日からつまんねー仕事ですけど・・・今度の土・日あたりいいですね。

潮は大潮と動きのある青物には最高です。
でも、まぁ、自然のことだからねぇー・・・ボーズもありますよ。
でもプリンの場合は、魚を釣る事だけが目的ではないんでね。
その季節しか見れない自然の顔を見に行くんです。
スタイリッシュに。
漁師じゃないんでね。
それでは・・・

「Enjoy Good Fishing」
2017.07.16 魚屋プリン
いやぁー疲れました 
漁師って疲れるんですね。

朝の3:00に起き、準備をし、4:00すぎには港へ車を走らせます。

日の出前の5:00に出航します。
P7150063_convert_20170716205026.jpg

漁場は40分で着きます。
P7150077_convert_20170716204752.jpg

今回は一投ごとにあたりが出ました。
P7150088_convert_20170716204823.jpg

「入れ食い」

です。

午前の10:00すぎには

「くそあちぃー」

陸へ上がりました。

釣果は・・・「魚屋」です。
P7150143_convert_20170716204901.jpg

本家からお友達へと全て処理しました。

プリンは下処理です。

「生臭くって食えねぇー」
2017.05.27 あきらめの海
最干時刻のAM3:50と同時に起き、漁の準備です。
満潮AM9:30なので、勝負は日の出から。

コーヒーを淹れ、タックルを準備し簡単な朝食を取り、AM5:00に家を出ます。
天気は良好です
でも・・・・
約30分遅れました。

マリーナには先客の車が5台止まってます。
もうすでに何隻かは出港してますね。
準備は8分で終了。
5:25分に出航です。
P5270185_convert_20170527154706.jpg

でも少し潮時が過ぎてます。

「何してたかなぁ?」





今日のポイントは御所浦の横浦島沖です。
近頃はあんまり釣れてはいませんが、期待を込めてリサーチです。

過去の実績のGPSマークに船をつけて第一投です。
天気も海の状態もうし分ありません。
景色を見ながら数回のリトリーブで久しぶりに「ガツっガツっ」とチェイスです。
一気に合わせを入れて「ヒット!」 竿がしなります。
魚が走ります。
久しぶりの手応えです。

でも楽勝?・・・
のはずが・・・
リールのドラグ機能がうまく働きません。
魚が走りすぎるから、少しドラグを締めたはずなのに・・・・
今度は魚の走りにうまくスプールが回らずにロック?状態
で魚のパワーで・・・・
「スカッ?!」
ハリス切れです

「えーなんで?」

もう2年近くメンテナンスをしてなかったせいでしょうか?
「逃げた魚はでかかった」
多分50オーバーの真鯛でしょうね。
この頃魚を食い飽きたプリンでして、

「まぁーしゃーない」

といつもは気持ちを切り替えるのに・・・・
何故か今日に限って気持ちを引きずり・・・・
その後大切な「プリンドロップ」と「プリンスペシャル」を計4個も海のもくずにしてしまいました

「だめだこりゃ!」

きょうはテンションが釣りへなじまず、ちっこいのを2匹のみで、時間はまだAM10:30なのに陸へあがりました。
当然ちっこいのは海へリリースです。
P5270201_convert_20170527154739.jpgP5270205_convert_20170527154801.jpg



釣り以外に気を引かれることができてしまい、釣りどころではなかったわけです。
やりたい事
その①リールのオーバーホール。
P5270206_convert_20170527154817.jpg
P5270210_convert_20170527154833.jpg

ばらばらに分解して、グリスアップです。

その②「プリンスペシャル」の生産。
4個無くしたことで、21個作りました。
そして釣具店で鉛玉36個購入です。

その③魚屋にて刺身調達。
魚釣りへいき帰りに魚屋で刺身を買う情けないプリンです。

まぁそんな事をしなければ気持ちがおさまらないんですね。
で・・・・
明日も早朝勤務です。

「くそリベンジだぜ」 
2017.03.20 桜鯛の季節
三月も早いもので、もう20の春分の日を迎えます。海へは・・・先月の初旬に長男と出たっきりで、約2か月出ていません。
体調不良や寒さや仕事の忙しさ等々で、レジャー気分になれずじまいでしたからね。
でも、仕事もひと段落。
天気も待望の三連休は土、日が晴れ予報で、気温も四月中旬の暖かさということ。
久々に釣りの虫が騒ぎます。

来春から大学生となり、家から出る次男のタカに
「明日釣りに行くや?」
と聞くと
「今のところ予定が無いからよかよ」
ということ。
「まぁー何にも釣れんから、気持ちの洗濯だな」
と久しぶりになおしていたステラ4000XG・6000HGをグラップラー631、ソルティガにセット。
それに鯛ラバ用のグラップラー631、アジング用のライトタックルを準備し、マリーナへ。

今回は係留ではなく、ゆっくり出ます。
久しぶりだから、海や景色がきれいな御所浦沖の海域へ、タカの操船でクルージング。
P3180003_convert_20170320095320.jpg

少し肌寒い風が心地いいです。

約50分のクルージングで、大多尾沖に到着。
事前の情報では、ワームに30~40㎝の鰺が来るというポイントです。
魚探にはベイトの塊が移動していきます。
ボトムが良いという事で、少し重い3gのジグヘッドにクリアー系のワームで流しますが・・・・無反応
ためしに40gのジグを放り込み約1時間。
いきなりグーときます。
「きた!」
と合わせましたが・・・ステラ4000XGのドラッグの閉め忘れでノーヒット。
「今のは青物だったなぁー」と少し残念。


11時を回り潮止まりです。
「ポイントを移動するよ」
と去年70㎝のブリポイントに。ここでも・・・シーン
ためしにプリンドロップでリトリーブ。
数投目のボトムで
「ゴツン」
「ヒーット」でも頭を振りません。
時折はしります。
「ん?これは鯛じゃないよ。」

「重いなぁ!ひらめじゃ?」
と上がってきたのは「50オーバーのコチ」でした。
P3180005_convert_20170320095349.jpg


「嬉しーなァー。お土産GET。真鯛よりいいぜ」
時間はPM1時を回り、少し雲行きが怪しくなりました。



「帰りながら釣るぞ」
という事で、前回真鯛の入れ食いポイントです。
潮時は満ちからの引きに入り、好条件。
ここでは鯛ラバです。
プリンドロップ投入・・・即あたりです
「おるよ。間違いないよ」
数分後に
「来たよー」
タカのロッドが曲がってます。
P3180011_convert_20170320095426.jpg
P3180012_convert_20170320095446.jpg
P3180013_convert_20170320095513.jpg

「適当に上げろ」
P3180016_convert_20170320095539.jpg
P3180019_convert_20170320095602.jpg

とタモを渡します。
上がってきたのは予定道理「真鯛です。
P3180020_convert_20170320095633.jpg

今日はタカの日で、連チャンで3枚上げてました。
プリンはというと・・・「こねーなぁー」と一回掛けたはずのヤツをばらしてしまいます。
「何年ぶりのバラシだぜ」
とまたもや少々ショックですが・・・何とか1枚上げる事が出来、満足です。
今回は、無事国立大学に合格した御利益なのか、タカにあたりが集中しました。
「桜鯛」「めで鯛」ですね。

そのご、雨が降り始め予定より早く納竿です。



家に帰り、板前プリンとなり、
P3180021_convert_20170320095652.jpg
P3180023_convert_20170320095738.jpg

52㎝のコチは生きています。ちょっと怖いです。
P3180022_convert_20170320095718.jpg

「社長、このコチはいくらぐらいするとね?」

「真鯛の何とか刺し」
P3180025_convert_20170320095814.jpg

「コチの薄創り」です。
P3180024_convert_20170320095756.jpg

今前、深田君からもらった旅行土産の「大吟醸梅ケ枝」です。
P3180031_convert_20170320095848.jpg
裏の説明です。
P3180029_convert_20170320095908.jpg

「安物ですから」なぁーんて言ってましたけど、「獺祭39」にも負けない端麗辛口のお酒でした。
もったいないから、ちびちび呑んでます。
「この口当たりは安物じゃないなぁ」
と今時珍しくなった、気を遣える男・・・深田君にあやかり至福のひと時をすごしました。
2017年の初釣りは、天気予報では当分無理・・・と思っていた矢先、長男が6日に東京から帰省
昨年取得した船舶免許一級の腕試しをしたいとのことで・・・。
それまで「のち」の天気予報も、7日の土曜のみ急に「のち」に変更され、気圧配置は、高気圧と低気圧に挟まれる感じで、「微妙」
それにしても、正月三ケ日のあの天気の良さからは考えられない荒天の3連休だとは思っていたんですけど、風速0および2m、波高0.5~1mとなり、長男の希望通り海へGO


今回、釣りは第三の目的なので、「潮悪し」、「天気悪し」、「釣りっ気なし」でもいいんです。
毎度の事、ステラにグラップラーのセットと、ステラにソルティガのセットに、メタルジグにプリンスペシャルを用意し

「どおせ釣れないダロネ」

だから、めんどくさくて、クーラーもなしです。
今日は、昨日長男と遅くまで家で呑んでいたため、9:00過ぎのスロースタートで家を出ます。


マリーナに着くも、あまり人影はありません。
昼過ぎから「」の予報だからでしょうか。


長男の操船でいつもの御所浦方面にクルージングです。
P1070015_convert_20170112211357.jpg

予報通り、海は「べた凪」で、2017年の海は、幸先良いスタートです。
P1070014_convert_20170117061933.jpg
P1070018_convert_20170117061953.jpg
P1070020_convert_20170117062032.jpg
P1070022_convert_20170117062057.jpg
P1070034_convert_20170117062158.jpg

漁師さんたちの船数が少ないと感じていた理由は、「どんどや」でした。
P1070038_convert_20170112211533.jpg

島のあちこちから、山火事かと思われるほどの煙が立ち上っています。

そんなことで、今回は長男のマーとまずは「嵐口」沖でJGです。
瀬回りを流しながらしゃくりますが・・・

「しーん」

ベイトが湧いている所さえ・・・

「しーん」

一昨日の「熊日新聞」の釣り情報では、ブリの5kが上がっているという情報だったんですけど、たまに10kのやつも。多分「生きエサ」の情報なんでしょうね。

時間は12:00をまわり、雲ゆきも怪しくなりはじめます。
昨年6kのブリを上げた「いけす回り」へ移動。
でも・・・

「しーん」

黒島経由でひょうたん島のイケス周りで、ベイト発見
P1070004_convert_20170108090905.jpg

プリンスペシャルを即投入。

「ごつごつ」

と一発目からかけます。
43センチの「真鯛」で、「めでたい」ですね

その後連続ヒッです。
その後、チェイスして来るんですが、食いが浅くヒットまで持ち込めません。潮止まりです。

「何で親父のばっかりくっと」

と、次男のタカと同じ質問に・・・

「そら漁師だからねぇー」

と天狗じょうたいです。
親父として東京からせっかく帰って来たから1匹ぐらいは釣らせたいと親心を感じていた時・・・

「きたっ!」

と背後から威勢のいい声がしたと思いきや、ロッドが満月状態です。
P1070005_convert_20170108090933.jpg

「くそっ引く」

P1070006_convert_20170108090952.jpg
P1070007_convert_20170108091009.jpg

とやり取りで上がってきたのは、50㎝の「真鯛」です。
P1070009_convert_20170108091030.jpg

「よかった、よかった」

時間も4:00となり、予報通り雨が降りだし16:00に「納竿」です。
初釣りは釣果にも恵まれ楽しめました。恵比寿さんに感謝です。
P1070011_convert_20170108091047.jpg

今年はいい事がありそーです
でも当分は休憩です。
2016年のSWJGもfinalを迎えました。

今シーズンは、JGで・・・真鯛78㎝、ヤズ多数、鰤に満たないヤズ70㎝等が上がりましたが、肝心のブリやサワラは不発でした。

プリンの体調不良もあるとは思うんですけど。

お楽しみは2017年のシーズンに持ち越しです。

2016SWJGfinalの獲物は・・・真鯛50㎝のみでした。
PC250040_convert_20161230062008.jpg

でも、正月の肴には間に合いました。

その他、久しぶりのエサでの「本カワハギ」や「ふぐ」の釣果に恵まれ2016SWJGも終了です。
師走になり忙しさも増す中それに正比例して荒天続きでやっと高気圧が九州から中国地方をすっぽりと包む18日(日)に、久しぶりのSWJGに行くことができました。

今回も一人ですが、青物の情報がある、嵐口から深海沖まで足を伸ばしてきました。
大物はいるんですけど、釣れるとなると別問題でね。
大潮から下りの中潮一日目で満潮は11:55です。
潮的にはいいんですが、下りという事で、潮が今一立つのかどうか?

予報通り、海はべた凪です。
PC180060_convert_20161220185934.jpg

行きがけに御所浦の嵐口でジグを落とし様子を見ますが・・・全くチェイスしてきません。
満ちかけではダメなんでしょうね。

満潮前に産島のポイントに入りたかったので、そそくさと南下します
PC180066_convert_20161220190004.jpg

途中行きがけの鹿児島の獅子島のポイントです。

水深が浅く、鯛ラバで様子を見ると・・・即「ぐぅー」と竿に乗ったのは、久しぶりのアコウです。
PC180074_convert_20161220190032.jpg

この前「恵比寿家」さんのイケスに泳いでいたやつ位です

確か、活き作りが5000円~だとメニュー表に書いてありましたね。

お土産に気を良くしていると・・・「ゴツゴツ」とアタリです。

竿にしっかり乗って合わせると、少しだけ引きました。

30㎝位のきれいな真鯛です。
PC180076_convert_20161220190050.jpg

その後、産島のポイントへ入り、2年前にモンスターと一時間の格闘をした場所へ行くも・・・ノーチェイスで・・・

「しーん」
PC180082_convert_20161220190412.jpg

かなり船は出ているんですけどね。
今年最後のSWJGはあっさりとぼーずでした。
でも、天気が良い青い海と空を満喫できて、それだけでもいい一日でした。
PC180087_convert_20161220194325.jpg


まぁ、こんな日もあるさ・・・と16:00には陸に上がり、5000円のアコウと、真鯛の刺身で乾杯しました。
PC180091_convert_20161220190116.jpg

こっちのほうが、この頃良いですね。